BLOGブログ

ちゃんと毛が取れない・・・(ソフトワックス1)

0

    前回、「ちゃんと毛が取れない・・・?」ブログではハードワックスの塗り方・剥がし方について書きましたが、

    その続きとして今回はソフトワックスについてです。

     

    ペロン・リゴーのソフトワックスの何がすごいのか?

    「とても滑らかで薄づきだけれど、毛はしっかり取れる。」

    この薄く塗れる度合い、ワックスのなめらかさは言葉ではなかなか伝わりませんが

    使ったことがある人ならこの感じがわかるはずです。

     

    毛がしっかり取れるワックスはずなのに、いざ剥がしてみるといっぱい短い毛が残ってる!

    ということがあったりしませんか?

    これの原因は大抵の場合「切れ毛」です。

    切れ毛になってしまうのは、塗り方剥がし方に原因があります。

     

    ソフトワックスの塗り方について:

    ・ハードワックスを塗る時と同様、スパチュラとは反対の手で、皮膚をしっかり引っ張って(突っ張らせた状態)いるかどうか。

     皮膚表面に見えている全ての毛に均等にワックスを塗ろうとすると、

     皮膚が弛んでいては全体に均等にワックスを塗ることができません。

     ワックスを塗る方向(スパチュラを動かす方向)とは逆に、皮膚をしっかりと張る。

     

    ・毛の途中から塗ったりするのではなく、毛の根もと(皮膚表面との境目のことです・・・本当の毛の根元は毛穴の中にあるので)から塗り始めて、毛がないところまでを塗る。

     毛先にだけワックスをつけたりはしません。これは毛が切れてしまう原因の一つとなります。

     

    ・スパチュラの角度

     スパチュラの皮膚に対する角度でどれくらい薄くワックスを伸ばすことができるかが変わってきます。

    初心者に多くみられるのは、

     スパチュラの両面にワックスがついたまま塗ろうとする

     (両面にワックスが付いていてもいいですが、スパチュラの両面にワックスが付いているなら、皮膚にスパチュラのワックスを全部拭ってからワックスを伸ばす)、

     スパチュラを倒して(ワックスがついている部分を皮膚に近づけようとしている)塗るので、ワックスが厚塗りになり伸びない。

     皮膚をあまり引っ張ってないので、均等に塗れない、など。

     スパチュラでソフトワックスをできる限り薄く伸ばすには、スパチュラのワックスを伸ばさない側が皮膚に近くなる角度にしなければいけません。ワックスがついている側を皮膚に近くなる角度にしてしまうと、厚塗りになってしまいます。

    うまく書けませんが、スパチュラで皮膚表面を削っているようなイメージ?です。

     

    ・ワックスが厚塗りになっていないかどうか。

     分厚く塗らなくても毛はちゃんと取れます。

     逆に、厚く塗ってしまうと、その分余計に粘着してしまうので、

     剥がされた時の衝撃はさらに大きくなりお客様にとって痛い施術となります。

     

    ・無意識に二度塗りしていないか。

     同じ箇所に上から重ねてワックスを塗る生徒さんが多いです。おそらく無意識でやっている様です。

     「ワックスをたっぷりぬらないと毛が取れない」と思っているのだと思いますが、

     これもワックスの無駄遣い、余計な痛みを与えることにつながるので、ソフトワックスは一度塗りで十分、重ね塗りは不要です。


    ・スパチュラを動かすスピード

     ソフトワックスのなめらかさを有効活用し、コストパフォーマンスを上げるには、スパチュラを動かすスピードが大事です。

     あまりにもゆっくりもたもたとしていると、せっかく流動性のあるソフトワックスの性質がうまく生かされず、

     ワックスは厚塗りになってしまいます。サーっと流れるようにスパチュラを動かしましょう。

     

    ・スパチュラの圧

     ワックスをきれいに塗ることができると、剥がす時もスムーズ。

     スパチュラの圧を最初に塗る時から最後まで、皮膚にあたっている部分は均一に圧をかけて塗布します。

     

    細かいことを書き出すときりがないのですが、

    ソフトワックスを塗る時に意識するポイントでした。

    次回は、ソフトワックスを剥がす時のポイントについて更新します。

     

    *ワックス脱毛前後のローションの使用については、今回記載しておりません。

     

     

     

    年末年始休業のお知らせ

    0

      いつもペロン・リゴーをご愛顧いただきありがとうございます。

      年末年始の休業日についてお知らせです。

       

      2019年12月29日(日)〜2020年1月5日(日)は、オンラインショップは休業とさせていただきます。

      2019年12月28日(土)15時迄の代引きのご注文は当日中に発送いたします。

      12月28日15時以降のご注文、及び銀行振込でのお取引をお選びの場合は、

      2020年1月6日以降、順次受注・発送手配をさせていただきます。

       

      皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞご了承くださいますようよろしくお願い申し上げます。


       

      ホットワックス・ハードワックス・ノンストリップワックス

      0

        タイトルのワックスの種類、全部同じタイプのワックスのことを指します。

        ペロン・リゴーでは『ユーロブロンドハードワックス』『ユーローズハードワックス』等、

        『〇〇ハードワックス』と統一しておりますが、メーカーによって呼び方が異なる場合もあります。

        英語圏の国では同じワックスをNon Strip Wax (ノンストリップワックス)と呼び、

        「ストリップペーパーを使わないワックス」ということになります。

        今現在もHot Wax(ホットワックス)と呼ぶことも多いです。

        ちなみに、ペロン・リゴーの本国フランスでは CIRE A EPILER SANS BANDE (ストリップのないワックス)です。

        Cire=ワックス

        Epiler=脱毛

        Sans=〜なし

        Bande=ストリップ

         

        今回は、ハードワックスがなぜホットワックスとも呼ばれるのか、についてのお話です。

         

        1980年代頃まで、今のようなハードワックスは世の中にありませんでした。

        その当時、ハードワックスは「ホットワックス」と呼ばれ、名前のとおり熱いワックスです。

        ホットワックスを肌につける時の温度は約55℃。(もちろんメーカーによって異なりますが一般的な話)

        現代のハードワックスの温度は約38℃。

        めちゃくちゃ熱いワックスでした。

        VIOやワキの脱毛をする時に使うのがホットワックス。

        ホットワックスの熱で毛穴を緩めて、太い毛を抜けやすくするために温度が高かったのです。

        温度が高いので、皮膚に塗る前にかなり冷ましてから塗ります。

        (スパチュラにワックスをのせてからかなり長い間、スパチュラをくるくる回し続ける)

        体感温度も、「じわーと熱ーい」感じです。

        そして、ワックスが固まるまで今のように数秒ではなく数分放置しなくてはなりませんでした。

        熱に弱い肌だけではなく、普通肌の人でも施術後はしばらく赤くなる。

        塗り方も今のように「毛の流れに沿って塗る」というシンプルなやり方ではなく、

        根本から毛先まで巻き込んでグリグリと8の字を描くように。

        厚みもしっかりと作って、剥がすための持ち手であるフチもかなり分厚く。

        それでもワックスを剥がす時には、ワックスが割れてしまう、という、

        今では考えられないぐらい扱い方が難しいワックスでした。

         

        そこから、改良されて

        『低温で、すぐに固まる、固まっても弾力性がある、塗り方もシンプル』というワックスが現代のハードワックスです。

        今ではそれが当たり前でどのメーカーも似たような性質を持つハードワックスですが、

        世界で初めてこのような新しいハードワックスを作ったのがペロン・リゴーです。

        一昔前はホットワックスでやるブラジリアンは、なかなか時間のかかる施術でした。

         

        15年前に私が美容学校で習ったワックス脱毛は昔のタイプのホットワックスでした。

        その当時使用していた教科書に書かれている内容も昔の「ホットワックス」のことです。

        (よく見ると、今流行ってきているシュガーリングについても記載がありますね)

         

         



        その当時、既に現在と同じハードワックスが出回っていましたが、

        美容学校では生徒が練習で使う商材はなるべく安価なものが選ばれていましたので、

        ペロンリゴーのような高級ブランドのワックスは使わせてもらえず、一昔前のホットワックスで学びました。

        実際にサロンで働き始めた時に初めて出会った現代のハードワックスには衝撃を受けました。

        この時のワックスはペロン・リゴーではありませんでしたが、

        「今までのスパチュラをグリグリする練習と熱いのと割れるのは何だったのか!!??」と。

        それほど大きな違いがあり、時代が進むと共に製品もこれだけ進化するのだと感じた瞬間でした。

        ペロン・リゴーのワックスを知ったきっかけはまたいつか書いてみたいと思います。

         

        「ホットワックス」は昔の名残で今もそのように呼ぶサロンもヨーロッパでは多いです。

        認識として、「ビキニラインやワキなど敏感な箇所に使うストリップペーパーを使わないで剥がすワックス」ということです。

         

        ワックスは今からさらに20年度にはどのように進化しているのでしょう・・・。

         

         

         

         

         

         

         

        ちゃんと毛が取れない・・・!?

        0

          ペロン・リゴーのワックスは、世界中のワックスブランドの中でもかなり優秀な製品で、世界中のエステティシャンやワクサーに支持されていることはご存じのとおりです。

          しかしながら、「いいワックスを使っているのに、毛がうまく取れない・・・」とお悩みの方もいるようで、(そのような問い合わせをいただきます)今回は、技術を文章で伝えるのは難しいのですが、ワックス脱毛をする時に重要なポイントをお伝えしたいと思います。

          ワックス脱毛は、「ただワックスを塗って剥がしているだけ」のように見えますが、色々と細かい部分に注意しながら塗ったり剥がしたりしています。

          長年ワックス脱毛をされている方は、たくさんの試行錯誤で独自の塗り方・剥がし方が確立されていることでしょう。

          まだ経験の浅い施術者の方は、聞ける人がいない、スクールで学んだけれどよくわからない、などのお悩みがあるようです。

          もう既に知っていることもあるかと思いますが、復習がてらお読みいただけますと嬉しいです。

           

          長くなるので、今回はハードワックスについて。

          *ワックスをする前後のローション系の説明は今回は省いています。

           

          まず、ワックスを塗る時:

          ・スパチュラにどれぐらいの分量のワックスを取っているか。

           ブラジリアンワックスならスパチュラの先2〜4センチ程の幅に

           ワックスをぷっくりと厚めにのせるといいでしょう。

           脚や背中、腕などはスパチュラにたっぷりワックスをのせるので、5〜7センチ幅ぐらいです。

           もちろん、塗る箇所によりますので、この限りではありません。

           

          ・ワックスをどれくらいの幅、長さでどこに塗るのか、を決めてから塗る。

           スパチュラにワックスをのせてからものすごいスピードでワックスの温度が下がっていきます=ワックスが固まります。

           次はどこへワックスを塗るのか、どの毛を取るのか、ちゃんと決めてからワックスをスパチュラにのせます。

           毛の途中から、いきなり真ん中からではなく、「毛がないところから毛がないところまで」塗ります。

           

          ・スパチュラの角度、圧、スピードについて。

           ハードワックスを塗布する時には、スパチュラは皮膚に対して垂直に動かすときれいに、理想的な厚さで塗ることができます。

           スパチュラにそこそこ圧をかけながら塗る必要があります。

           見えている全ての毛と皮膚の境目の部分(毛先は関係なく根もとの部分(毛根でもありません))に

           均等にワックスが塗れるようにと意識をすると、必然的にそこそこの圧がかかります。

           スパチュラを動かすスピードは、あまりゆっくりもたついているとワックスがスパチュラの上で

           硬くなってくる(きれいに塗布できなくなる)ので、程よいスピードで塗ります。

           

          ・塗る時にスパチュラと反対側の手はどこを支えているか。

           反対側の手の役割は非常に重要で、皮膚をできるかぎり引っ張った状態を作らなければなりません。

           軽く手をそえるのではなく、皮膚をしっかりと引っ張った(つっぱった)状態です。

           技術を教えててよく見られるのが、反対の手は、ただそえているだけ、という方が多いです。

           ワックスを均等に、塗りたい部分の全ての毛に塗る、ということは、皮膚はきちんと引っ張られた状態でないとできません。

           「押さえる」のではなく「引っ張る」のです。

           

          ・ワックスを均等に塗っているかどうか。

           均等に塗れたかどうかで、毛がきれいに抜けるかどうかに関わってきます。

           途中だけ薄い状態がある時は、そこの部分は切れ毛になる可能性がありますので、全体的に最初から最後まで均等に。

           

          ・ワックスを剥がすための「フチ」を作るのが難しい。

           ハードワックスは剥がす時に少しだけ厚みが必要ですが、その「フチ」の部分を作るのが難しいと言われます。

           わざわざ「フチ」を作ろうと、スパチュラをグルっと回したり、手首をひねってみたり、返してみたり・・・。

           その必要はなく、先ほどの皮膚に対して垂直にスパチュラを動かし、終わりの少し手前でスパチュラを皮膚の方へ少し倒すだけで、「フチ」のためのじゅうぶんな厚みを作ることができます。

           スパチュラを回したり、ひねったりすると、ワックスに切れ目ができたり、無駄な厚みができてしまう可能性があります。

           

          ・ワックスが完全に固まる前に、しっかりと上から押さえる。

           この動作は、毛をしっかりとワックスに密着させるのと、ワックスがちゃんと固まったかどうかの確認です。

           

          ワックスを剥がす時:

          ・剥がす方と反対の手はどこを支えているのか。

           剥がす時は塗る時以上に皮膚を引っ張った(つっぱらせた)状態を作らなければなりません。

           手のひら全体、指などをうまく使って、剥がす部分の皮膚のみをピーンと張ります。

           上から「押さえる」のではなく、「引っ張る」です。

           

          ・剥がす時に、皮膚に平行に剥がしているか。

           (無意識に)手首をくいっとひねってワックスを剥がしたりしてしまうと、ワックスはちぎれてしまいます。

           切れ毛の原因にもなります。常に皮膚に対して平行に剥がします。

           

          ・剥がした直後はすぐに押さえる。

           この時は皮膚を上から「押さえる」です。剥がされた衝撃による痛みを軽減するために必ず必要な動作です。

           

          長くなりましたが、以上、塗る時・剥がすときのポイントで、顔を含めたどの部位を脱毛する時にも当てはまります。

          私の経験上、剥がす時は皮膚を引っ張るけど、塗る時も皮膚を張らないといけないと知らなかった(教えられてない)人が多くみられました。また、平均的に「引っ張る」度合いが弱い方が多いようにも思います。

          皮膚をつっぱらせた状態は痛そう、もしくは、怖いと思われるみたいですが、お客様は張られてないほうが痛いです。

           

          文章だけで技術は伝えられませんが、施術時やワックス脱毛を教える時に意識する項目して捉えていただければと思います。

           

           

          ダブルスクラブ★リニューアルキャンペーン

          0

            ダブルスクラブは、細かい粒子による物理的アクションとグリコール酸によりピーリング作用によって、古くなった角質をケアする製品です。今回、このダブルスクラブの成分がリニューアルしました。

             

            これまでは細かい粒子としてポリエチレン(*)のマイクロビーズが使われていましたが、新しくなったダブルスクラブは、含水シリカ&グリコール酸のダブルアクションによる角質ケア製品です。

            さらにレモン果皮油も加わり、やさしいシトラスの香りがバスルームに広がります。

             

             

            新しいダブルスクラブの発売により、旧ダブルスクラブの在庫をセール価格で提供いたします。

            (オンラインショッピングの会員ログイン後に表示されます。)

            旧ダブルスクラブ3個セット(セール価格)をお買い上げの方に、新しいダブルスクラブを1個プレゼントいたします。

            在庫がなくなり次第終了です。

             

            (*)ポリエチレン等のマイクロビーズは環境への影響も懸念されており、より環境へやさしいものを、という考えのもと、ポリエチレンビーズの代替えとして含水シリカとなりました。

            カルチャーショック⁉

            0

              数か月前、普段やり取りをしているフランス本社のマネージャーが来日したので色々と情報交換をしていました。

              その中で、主に日本での『脱毛』に対する意識について話していたのですが、

              ワックス脱毛が比較的当たり前で日常生活に根付いていて、母親が年頃の娘に「カミソリなんて使ったらダメよ!ちゃんとサロンでケアしなさい」と教えるフランス、

              10年前に比べて知名度はかなり上がりましたが、いまだにワックス脱毛が”日常の一部”とまではなりきれない日本、

              まだまだワックス脱毛に対する格差が大きいと、お互いに感じたミーティングでした。

               

              ペロン・リゴー本社のマネージャーがまず見てみたい!と言ったのが

              日本のドラッグストアでどれくらい脱毛関連(ワックス脱毛)の商品があるか。

              ほぼないですよ〜とお伝えしたのですが、自分の目で確かめたいとのことでしたので、

              大阪・ミナミはドラッグストアの宝庫ですから(数十メートルに1軒はあるほど)、有名どころのドラッグストア数店舗を一緒に回りました。

               

              日本のドラッグストアには、カミソリ、シェービング関連、除毛クリームの商品はたくさんありますが、

              ワックス脱毛に関しては、品数が少なく、脱毛テープ(粘着性のあるストリップペーパー)、一部のドラッグストアに置いていた鼻毛用のワックスぐらいしかなく、その数の少なさとカミソリ系商品の多さにかなり驚いていました。

               

              フランスでは、スーパーやドラッグストアで家でできるセルフワックスキットがたくさん売っています。

              日本ではそのようなキットはほとんどネット販売のみ、

              ワックス脱毛がフランスほど身近な存在ではない、

              まだまだカミソリ処理する人大多数、

              ワックス脱毛よりもレーザーや光脱毛を選ぶ人のほうが多いこと、

              全都道府県に1軒以上はワックス脱毛を提供するサロンができただけでもすごいこと、

              温泉に行くためにアンダーヘアをわざわざワックス脱毛しに行く欧米人(何も処理をしていない陰部を見られるのが恥ずかしい)、

              温泉に行くので、アンダーヘアを全部処理するのは恥ずかしいという日本人(陰部の毛が全くないのは恥ずかしい)、

              考え方が全く逆なので、その辺に違いも話題に上がりましたが、

              ワックス脱毛に関するフランスと日本の考え方、あり方の違いには相当なカルチャーショックを受けていました。

               

              これだけ大きな文化の違いがある日本で、ワックス脱毛の業界がここまで大きくなったのも(美容全体から見るとまだまだ少数ですが)この10年間の成長はすごいと思います。

              欧米文化と同じようにとまではいきませんが、ワックス脱毛をセルフケアの一つとして一人でも多くの方に広まることを願います。

               

              ディスカバリーデー開催のご案内

              0

                『ディスカバリーデー』とは、ペロン・リゴー製品の詳細や正しい使い方を学び、

                製品を実際に体験していただくためのワークショップです。

                 

                【ディスカバリーデー概要】

                ・ペロン・リゴー社の概要と歴史について
                ・製品説明
                ・使用方法
                ・現在取扱い中の商品をお試し
                ・実技

                *実技のセッションを設けていますが、ワックス脱毛の理論や技術講習ではありませんので、
                技術をすでに習得されている方が対象となります。
                 

                【開催場所】

                ワックス脱毛サロンSMOOTHIE

                大阪市西区北堀江1-17-11

                最寄駅:地下鉄四つ橋線 四ツ橋駅(4番出口)から徒歩3分、

                    地下鉄鶴見緑地線 西大橋駅(4番出口)から徒歩1分

                 

                【開催日程】

                満席となりました。

                次回開催をお待ちください。

                2019年11月28日(木)

                13時〜17時

                 

                【お申込み方法】
                info@beautystand.jp 宛に以下の内容を記載の上、メールにてお申込みください。

                 

                件名:11月28日ディスカバリーデー参加希望

                本文:
                〇臆端垰疚勝△艦⇒軅

                ▲汽蹈麑

                8什濟藩冀罎離錺奪ス(メーカー、ハード/ソフトなど)

                ぅ錺奪ス脱毛歴

                 

                ペロン・リゴーの商品を使用しているけれど正しく使えているかわからない、

                技術に関して疑問や不安、他社のワックスを使用していてペロン・リゴーを試してみたい、

                なぜか毛がきれいに取れない・・・などなど

                様々なご質問にも当日お答えいたします。

                先着順、少人数制ですので、参加ご希望の方はお早目にお申込みくださいませ。

                 

                商品説明 体験会ワークショップ『ディスカバリーデー』

                0

                  『ディスカバリーデー』とは、ペロン・リゴー製品の詳細や正しい使い方を学び、

                  製品を実際に体験していただくためのワークショップです。

                   

                  【ディスカバリーデー概要】

                  ・ペロン・リゴー社の概要と歴史について
                  ・製品説明
                  ・使用方法
                  ・現在取扱い中の商品をお試し
                  ・実技

                  *実技のセッションを設けていますが、ワックス脱毛の理論や技術講習ではありませんので、
                  技術をすでに習得されている方が対象となります。
                   

                  【開催場所】

                  ワックス脱毛サロンSMOOTHIE

                  大阪市西区北堀江1-17-11

                  最寄駅:地下鉄四つ橋線 四ツ橋駅(4番出口)から徒歩3分、

                      地下鉄鶴見緑地線 西大橋駅(4番出口)から徒歩1分

                   

                  【開催日程】

                  満席となりました。

                  次回開催をお待ちください。

                  2019年11月28日(木)

                  13時〜17時

                   

                  【お申込み方法】
                  info@beautystand.jp 宛に以下の内容を記載の上、メールにてお申込みください。

                   

                  件名:11月28日ディスカバリーデー参加希望

                  本文:
                  〇臆端垰疚勝△艦⇒軅

                  ▲汽蹈麑

                  8什濟藩冀罎離錺奪ス(メーカー、ハード/ソフトなど)

                  ぅ錺奪ス脱毛歴

                   

                  ペロン・リゴーの商品を使用しているけれど正しく使えているかわからない、

                  技術に関して疑問や不安、他社のワックスを使用していてペロン・リゴーを試してみたい、

                  なぜか毛がきれいに取れない・・・などなど

                  様々なご質問にも当日お答えいたします。

                  先着順、少人数制ですので、参加ご希望の方はお早目にお申込みくださいませ。

                   

                  消費税率変更のお知らせ

                  0

                    平素はペロン・リゴーをご愛顧頂きまして、誠にありがとうございます。

                    2019年10月1日より、消費税率が10%に変更されることに伴い、
                    ペロン・リゴー全商品の消費税率が8%から10%へ変更となりますことご案内申し上げます。
                    (商品の税抜き価格は変更ありません。)


                    また、これに伴い、代引き手数料及び送料も変更となります。

                    【代引き手数料】

                    1万円未満:324円 → 330円

                    1〜3万円未満:432円 → 440円

                    3万円以上:648円 → 660円

                    10万円以上30万円未満:1080円 → 1100円

                     

                    【送料】

                    一律890円 → 920円(税込)

                    これまでどおり、お買い上げ総額25000円以上で送料無料とさせていただきます。


                    お客様にはご不便をおかけいたしますが、関連法案に沿った対応となりますので、
                    何卒、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

                    今後ともペロン・リゴーをどうぞよろしくお願い申し上げます。

                    ビューティワールドジャパン

                    0

                      ビューティワールドジャパンにて弊社ブースへお越しいただきました皆様、本日お越しいただくご予定の皆様、いつもペロンリゴーを応援していただきありがとうございます。

                      本日、ビューティワールド最終日ですので、まだ新製品をお試しでない方はブース東6Y-27にてお待ち致しております。



                      新製品、ブドワーハードワックス、スウィートコットンソフトワックスは、5月19日よりオンラインショップにて販売開始となりますので、もうしばらくお待ちくださいませ。



                      | 1/2PAGES | next>>