BLOGブログ

Sugaring

0

    シュガーリング、シュガー脱毛、シュガーワックス

    色々呼び方はありますが、シュガーペーストを使った脱毛のことです。

     

    シュガーペーストの基本となる素材は、砂糖・水・レモンの3種類の原材料のみ。

    メーカーによってそれ以外のものが入っていたり、レモンの代わりのものが入っていたり。

    ペロン・リゴーのシュガーペーストは商品名が『シュガーエキスパート』、

    原料は、サトウキビエキス・水・レモン液汁の3つです。

     

    ペロン・リゴーの大半の商材は全てフランス製ですが、シュガーエキスパートはカナダ製となります。

     

    既に他社メーカーのシュガーをお使いの方はシュガーリングの良さを知っていただいていると思います。

    ワックスと同じでメーカーによってペーストの質感や見た目も違ってきます。もちろん使い心地も。

    ベタベタ感、

    ペーストの伸び具合

    など。

     

    シュガーリングは、ワックスよりも温度がかなり低いため、熱による赤みは出ません。

    最近のワックスは低温になったとは言え、シュガーペーストの温度に比べると熱く感じます。

    ですので、熱に過敏に反応する肌、敏感肌の方にはとてもおすすめです。

    シュガーエキスパートは、少し温めてから使うタイプです。

     

    ペーストを剥がされる時の感覚がワックスよりも優しく感じますので、ワックス脱毛特有のベリっ!と剥がされた感じはあまりしないはずです。ただ、痛みがゼロというわけではないです。もしそうであれば古代からあるシュガーリングがワックスよりも主流となっていたと思います。毛を根元から抜いているのでワックスと同様、痛みはあります。痛みの感覚は人それぞれ。

     

    ペーストを塗られている間はマッサージのように気持ちよくリラックスできる感覚かもしれません。特に背中や脚全体など広範囲の施術はそのように感じることも。部位や毛の長さによっては、逆に毛がひっぱられて痛く感じることももちろんあります。

     

    ワックス施術者でソフトワックスが皮膚にベタベタ残るような感じが苦手と言う方もいらっしゃいます。ちゃんと剥がせばそんなことはないのですが・・・。ペロンリゴーのシュガーペーストはそのようなベタベタ感はほとんどありません。皮膚にペーストが残ったとしても水であらえますので、ウェットタオルや水を含ませたコットンで拭き取ることができます。

     

    あとは先日書いたとおり、消耗品のゴミが少ないことも大きなメリットです。

     

    シュガーペーストをまだ一度も触ったことがない方は、少し興味が出てきましたでしょうか??

     

     

     

    CALENDARカレンダー
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    LATEST最新記事
    CATEGOTYカテゴリー一覧
    BACK NUMBERバックナンバー
    SHOPお店について